Dan Blog

名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

樋井川の カワセミ 雄  - DAN (男性)

2020/03/30 (Mon) 23:43:12

福岡市樋井川、今日カワセミの雄が樋井川に現れました。雌についは先日紹介しましたが、この雄がペアリングの相手です。何処かの崖で雌は卵を温めているのでしょう。雄の見分け方は嘴が上下とも黒いことで、雌は下だけ赤いのです。雄も雌も同じ木の枝に止まり魚を狙っています。何となく自宅から双眼鏡で探索していたら遭遇できました。元々は毎熊さんからのメールでの提供でした。

樋井川の カワセミ 雌  - DAN (男性)

2020/03/30 (Mon) 23:51:02

若干メスよりオスの方が色鮮やかである。500系新幹線のノースデザインはカワセミのくちばしをモチーフとしている。頭、頬、背中は青く、頭は鱗のような模様がある。喉と耳の辺りが白く、胸と腹と眼の前後は橙色。足は赤い。幼鳥は全体に黒っぽく、光沢が少ない。嘴の下側が赤いのが雌の見分けです。

カワセミを追い出したジョウビタキ オス! - DAN (男性)

2020/03/31 (Tue) 20:45:33

福岡市樋井川、林の周辺、河川敷、市街地の空き地など、やや開けた環境を好み、1羽でいる。 時々ピョコンとおじぎをして尾を震わせる。澄んだ声でヒッ、ヒッ、時にカッカッと低く鳴く。この日カワセミのペアリングの雄の切り撮りに成功したのはいいのですが、この「ジョウビタキ」が縄張りを主張してカワセミを追い出してしまいました。追い出した張本人「ジョウビタキ」も切り撮り。鳥の世界も現実のドラマが有るんですネ。

カワセミ ~ ペアリング  - DAN (男性)

2020/03/25 (Wed) 09:01:20

佐賀小城神社、雄がメスへのプレゼントを雄の口から魚の給餌行為のアグレッシブなシーンの切り切り撮に成功し、今回は、パチリパワーを感じまあした。右側の雄の口から左側の雌へ左嘴下が赤いので判別できる。社会環境が変わって行き、小さな川でも多く目に出来るのだが、そのために寿命は短くなっているのです。実際の観察で、同じ縄張りで同個体を永くは見れないでしょうネ。社会環境も何とかしないと人も・・・・・?拡大してみて下さ!

カワセミ ~ ペアリング  - DAN (男性)

2020/03/25 (Wed) 09:10:42

みずからもチャンスがあれば木の上から飛び込み魚を捕食もします。口に入らない様な大きな魚を口にすることもあり四苦八苦して、頭方向から飲み込みヒレなどが引き掛からない様に、餌の向きも大切で飲み込んだ魚が大き過ぎて暫く飛べない時もあるようです。

ミヤマホオジロ  - DAN (男性)

2020/03/25 (Wed) 09:15:55

典型的な冬鳥の一種、ミヤマホオジロをご紹介します。長いあいだ、このミヤマホオジロは、国内の高山地帯に繁殖し、冬になると平野部に降りてくる、(例えばルリビタキのような)野鳥(=漂鳥)だと勘違いしていました。そもそも名前に深山(みやま)と付けられてもいますし。どうも違うようだと気付いたのは、真冬に北海道ウトナイ湖の湖畔で、数羽のミヤマホオジロを見かけたからです。

ミヤマホオジロ   - DAN (男性)

2020/03/25 (Wed) 09:20:19

地面に降り、地表で採食することが多いようです。植物の種子などの植物食を主とする雑食性であるといわれています。名前からは、深山幽谷に住む、幽玄な雰囲気を持つ野鳥という感じを受けますが、実際には平野部や、開けた林や森に生息する開放的な小鳥といえそうです。

茅葺きの家を見つけた! - DAN (男性)

2020/03/23 (Mon) 18:34:28

佐賀大和町、出来る限り中に入らしてもらいプライバシー大切にしてシャッターを切りました。そこには、昔の耕耘機がとか昔の手押し井戸ポンプもあり、柱とか木戸口とか窓も木造りでけして現在にとらわれていない素晴らしい住まいです。自己満ですが・・・・イイネ~!   

楽しいキャラクター人形! - DAN (男性)

2020/03/23 (Mon) 18:43:19

毎回通る度にある電機屋さんが時代の背景も鑑みてキャラクター人形とか制作してる。今回どんなキャラクターが設置されるか楽しみにしています。この日は、昔、幼い頃に近所の若者達で馬を造り飛び乗り乗った人から問答が出る。「シカ〃何本」と指を立てる当たったら交代して馬になる。定かではないが記憶では多分(馬乗りゲーム)だった思われます。ファインダーを覗きながら微笑みが出る。♬ イイネ~!

お山の大将  - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 23:11:53

小城公園、公園の主かもです。ここには野良ネコが沢山いますが、自分が通い始めてからかなり少なくなったみたいです。餌やり禁止の建て札もありますが餌を与えないと公園から出て徘徊中に交通事故に遭うので、夜餌を与える人が結構居られるみたいで、猫は御山の大将です。それでも表情何処と無く寂しそうですネ。


五ケ山ダム - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:43:26

福岡県と佐賀県の県境、那珂川市の最南端に位置する五ケ山ダム周辺において、「水と緑の調和の中で人々がつどいふれあう」を基本コンセプトに、五ケ山の豊かな自然を一望できる「ベース」や様々なキャンプニーズに応える「モンベル五ケ山ベースキャンプ」、川遊びを楽しむことができる「リバーパーク」などを整備し、これらの施設を拠点として、キャンプや登山、トレッキング、サイクリング、マラソン、湖面を活用したカヌー等のアウトドアアクティビティが楽しめるように計画しています。

五ケ山ダム - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:45:23

五ヶ山には、福岡と佐賀に纏わる貴重な歴史が多く残されている。伊能忠敬が測量したといわれる、博多と肥前神崎を結ぶ古代の道「肥前、筑前街道」や両国の境に敷かれた「国境石」、戦国時代には軍事上の要衝となった「佐賀橋」など。これらはすべてダムによって姿を消してしまったが、資料や文献、写真はたくさん残っている。目の前に広がるダム湖、その底に沈んでしまった歴史を紐解いてみるのも、興味深いものだと思うのだが。何より、歴史から地形を知ることもできる。アウトドアにも結びつく。

眼鏡橋   - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:37:04

佐賀県神埼市脊振町、馬車が交通手段だった明治時代に県内各所で行なわれた道路改良整備の一環で脊振峡県道に架けられた石橋。石橋の完成で、三瀬、背振の山内に通じる広滝山里道と、神埼方面に至る仁比山県道が結ばれ、神埼郡内の南北縦貫幹線道路が整備されたのです。子供の頃を思い出し、おしっこ飛ばし競争をしてる橋です。

眼鏡橋   - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:39:04

明治24年(1891年)に作られた高さ14m、長さ20m、幅6mの石造りの橋で、橋脚は城原川(ジョウバルガワ)両岸の岩盤に固定され、耐久性と急流の負荷を少なくするために、アーチ構造でできています。城原川の深い渓谷にかかり、神埼と脊振の幹線道路として利用されていました。めがね橋の欄干から噴き出る水「恵みの流水」は、みどり豊かで自然の豊富な「せふり」から、ここを訪れる人たちへの贈り物です。現在眼鏡橋は神埼市の重要文化財に指定されています。

與止日女神社(よどひめじんじゃ) - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:25:08

佐賀県佐賀市大和町大字川上、毎年4月~5月の連休終わりまで川に櫓で漕ぐ屋形船を出して子供達を喜ばしているが、今年はコロナウイルスで取りやめとあった。そして空には鯉のぼり何千匹も泳がしてありその光景に風が吹くと見応えあります。今年は鯉のぼりだけでした。こんな所にもコロナウイルスの影響がありましたヨ。

與止日女神社(よどひめじんじゃ) - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:27:54

延長5年(927年)の『延喜式』神名帳では肥前国佐嘉郡に「與止日女神社」と記載され、式内社に列した。弘長元年(1260年)に最高位の正一位の神階を授けられた。 平安時代には、肥前国では田島坐神社(現 田島神社)が安全航海の神として崇敬され、神階も当社より上で『神名帳』では肥前国唯一の大社に列していた。しかしながら遣唐使の廃止もあってその地位は低下し、代わって中世以降は国衙に近い当社の地位が高まり、肥前国一宮として崇敬されたという。ただし、後述のように千栗八幡宮も一宮を称している。 弘安の役(1281年)では與止日女大神の神霊が敵の船を摧いたと伝えられる。

與止日女神社(よどひめじんじゃ) - DAN (男性)

2020/03/21 (Sat) 12:29:59

佐賀市大和町の「與止日女(よどひめ)神社」は、564年に創建された肥前一宮(ひぜんいちのぐう)で、樹齢約1500年のクスの大木が悠然と見守る由緒ある神社だ。クスの木には、春から夏、大きく広げた枝葉に渡り鳥のアオバズクが棲み、もし見つけたら幸運が訪れるといわれている。樹齢約3000年のクスの倒木。200年前に雷に打たれ境内の隅に置かれ今の姿を惜しみ写真を撮る方も多い。

ケリ  - DAN (男性)

2020/03/16 (Mon) 11:56:35

神埼吉野ケ里、成鳥の夏羽は頭部から胸上部が灰青色で、体上面は灰褐色で、体下面は白い。胸上部と体下面の境目には黒い胸帯がある。翼は先の方が黒く、基半部は白色と灰褐色で、飛ぶときこれらのコントラストが目立つ。尾は白色で黒い帯が入る。冬羽は頭部からの灰青色がやや褐色を帯びている。雛は淡褐色の綿羽に覆われている。若鳥は頭部からの胸部にかけて灰色でやや褐色を帯びる。胸帯は薄い。また目は褐色で、アイリング・肉垂とも小さく目立たない。

ケリ  - DAN (男性)

2020/03/16 (Mon) 11:59:30

巣は水田内や畦などの地面に藁を敷き作る。よって農作業による影響が著しく大きい。繁殖期中は時にテリトリーを変えるなどして最大3回営巣を試みる。非常に警戒心が強く、テリトリーにトビやカラス、人間などの外敵が近付くと、鳴きながら激しく威嚇し、追い払う。その為、夜でも鳴き声が聞こえてくる場合がある。 非繁殖期には小群で行動する。

家族のペットが増えました - DAN (男性)

2020/03/15 (Sun) 10:32:43

唐津鏡山で遭遇した動物で種類はポメイタンです。?良かったら画をクリックして拡大しちゃり!
投稿者より本当は?ポメラニアン犬+イタチ=ポメイタンはイタチでした。このイタチ俺がカメラ持っているのが分かったのか5秒ほど止まってポーズをとった。初めての経験でしたネ。

茶筅塚古墳(ちゃせんつか)歴史 - DAN (男性)

2020/03/14 (Sat) 21:16:51

佐賀 小城公園、現状では、後円部が二段築成で、後円部に比して前方部が低い墳形です。この古墳の築造された時期は、発掘調査によって墳丘くびれ部付近や前方部隅部より出土した土師器から、4世紀後半に築造されたものと考えられます。茶筅塚古墳は佐賀平野西部に築造された前方後円墳の中では、時期的には最古段階に位置付けられるとともに、同平野西部地区では古墳時代前期の中で最大の規模を誇っており、同地域の首長墓の系列を研究する上で貴重です。

鍋島元茂 享年53歳 - DAN (男性)

2020/03/14 (Sat) 21:19:13

小城公園歴史、元和3年(1617年)、祖父直茂(日峰)の隠居領の小城を譲り受け、初代小城藩主となります。翌年、柳生但馬守宗矩より柳生新陰流の免許皆伝を受け、のちに3代将軍家光の打太刀役を務めました。

古墳の上で今は遊んでいる! - DAN (男性)

2020/03/14 (Sat) 21:24:45

小城公園、足元にはあまり目が行かなかったのですが気が付いたのが昔の水車小屋の精米機の引き石です。なにか模様が面白く切り撮りました。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.