DAN-日記

185700
名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

逃亡犯が最後に目にした木! - DAN (男性)

2018/06/13 (Wed) 12:48:48

(大せんだんの木)香川県仲多群琴平町129-1に在る樹齢300年以上・幹周7.77m・樹高20m暖地の落葉高木で初夏に紫色の花をつけ、果実は黄色に熟します。市街地にあって美しい樹姿を保っている讃老大樹は全国的にも貴重です。時代は江戸時代元禄文化で300年乱世を見守っていたのだろう。福岡にもせんだんの木は在るがこんな大木はない。来週は大分から久住方面に逃げ回るかも・・・・・

逃亡犯は見た! - DAN (男性)

2018/06/13 (Wed) 11:03:36

丸亀城)1615年)の一国一城令により生駒親正は、高松城を残し、城を廃城した。「石の城」と形容されるその名のとおり、丸亀城は石垣の名城として全国的に有名です。400年の時を経た今日でも決して色あせることなく、自然と調和した独自の様式美をはっきり現在に残しています。財)日本城郭協会が選定した「日本の100名城」にも選ばれ、花見や散歩など市民の憩いの場として親しまれています。ここが印象に残っているは公園の木陰で市民が将棋大会の最中で老人も子供も対等に真剣に指 していた。

逃亡犯は見た! - DAN (男性)

2018/06/13 (Wed) 11:08:41

高知県高知市丸ノ内一丁目2番1号(高知城)高知城は本丸の建造物が完全に残る唯一の城として知られている。明治6(1873年)に発布された廃城令や、太平洋戦争による戦災を免れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。現在これらは高知県の所有物となっている。

その後逃亡犯は? - DAN (男性)

2018/06/11 (Mon) 20:59:15

逃亡犯はこの駅から護送された!香川県仲多度郡琴平町榎井字横瀬864番地 (琴平駅)当駅は電化区間の終端で、架線は香川県道206号原田琴平線と交差する踏切の先で途切れている。特急列車を含む全定期列車が停車する。土讃線の近距離輸送列車は当駅を境に運行形態が分けられている。何~ト!Googleが共犯だった。

目的地の最終向山沈下橋! - DAN (男性)

2018/06/09 (Sat) 18:03:31

(むかいやまはし)四万十川の中流域、四万十町役場から10kmほど行った国道381号線沿いにあります。洪水など大水の時には川に沈んでしまうように設計された欄干のない橋のことで、橋脚が丸みを帯び、さらに床板の下部が曲線を描くと言うユニークな形の橋です。現在は人のみの通行可で古い橋で、お疲れ様橋と自分が命名しました。


目的地の最終向山沈下橋! - DAN (男性)

2018/06/09 (Sat) 18:15:07

四万十川の流域。これも高知の原風景の一つ沈下橋を徹底的に回りました。沈下橋は四万十川の自然豊かな景色の味わい深いなぜだかわかりませんが、多分人が水から成り立ってるからかナ~。人は自然だけでは感動できないかも。現在は車止めが施工されている言う事は形とか古い設計でありここを最終目的の橋を勝手に四国最古の沈下橋します。自分もこの辺で大人しく出頭します!

逃亡者は目的地に! - DAN (男性)

2018/06/09 (Sat) 10:13:01

佐田沈下橋、四万十らしい景色の一つが増水時に川に沈んでしまう欄干のない沈下橋。中でも四万十川最下流で最長のものが佐田沈下橋。橋を渡る時の爽快感と、四万十の風景と自然を堪能できる。ここには橋下に(さこやの屋形船)もある。最近の大雨に橋は流に耐えられず橋脚が鋼管に交換されていく。


長生沈下橋に! - DAN (男性)

2018/06/09 (Sat) 13:36:23

(ながおい沈下橋) 高知県四万十市西土佐村半家
長生沈下橋は西土佐の山あい。四万十川もこの辺りまで来ると、川幅も狭くなって、上流の景色に変わってきます。深さも川幅も、川遊びにはちょうど手ごろな感じ。地元の子供たちが、橋から川に飛び込んだり、慣れた様子で水遊びをしていました。今では貴重なもの。水の豊かさのありがたみも実感するような風景です。流石、水の郷だ空の ペットボトル が緊急用に常時置いてある!

長生沈下橋の実際の景観は - DAN (男性)

2018/06/09 (Sat) 13:45:47

橋から川に飛び込んだり、慣れた様子で水遊びをし、今では貴重なもの。水の豊かさのありがたみも実感するような風景です。雨さえ降らなければ水が綺麗だ!しかし、四国は雨量が多い所です。

逃亡者は! - DAN (男性)

2018/06/08 (Fri) 11:00:19

高知県四万十市中村、四万十川の鉄橋まできました現地の人は赤鉄橋と案内している。この橋のたもとで一泊して明日は目的の沈下橋を観つけに行きます。四万十川の中村市街地の近くに架かる鉄橋です。昔はこの橋を通る道が国道だったようですが、現在は下流部に4車線の大きな別の橋がかかっています。四万十川の川下りをすると大体この鉄橋がゴール地点となっている。

逃亡者は! - DAN (男性)

2018/06/08 (Fri) 11:21:20

この”赤鉄橋”(四万十川橋)は、大正15年に完成。
四万十市の中村地区の中心部にある橋で、当時は四国一の鉄橋だったので、完成時、人口1万人の中村に10万人の見物客が来たそうです。

逃亡者は! - DAN (男性)

2018/06/08 (Fri) 10:28:28

足摺岬を出て目的は古い沈下橋をカメラに収めることだ四国には47か所あるそうだ、まだ〃先は長い足摺岬の唐船島に来た土佐清水市足摺岬の中だが野鳥の寝床を見つけました。アオサギ・シラサキ・゙コサギ・ウミウ・チュウサギ・ゴイサギ等がこの森の集合住宅にしたみたいだ。今、ここが サギ たちの楽園となっているようです 周囲を海に囲まれているので人的被害も無いこの写真に50匹ぐらい住んでみたいだ悔しいけど120㎜のレンズでは短い!

逃走劇Ⅱ - DAN (男性)

2018/06/07 (Thu) 08:30:29

四国西予市宇和島岩木地区(れんげまつり)を見た藁で作ったマンモスの親子像、親は(わらグ-)は7mぐらいで子供は(レング)4mぐらいだこの像は良く出来ていて動きがあるので凄く面白くて切り撮りました。

逃走劇Ⅱ - DAN (男性)

2018/06/08 (Fri) 09:51:45

逃亡者は足摺岬へ自然に足が向いた。昔、四国に ツアー 来島したことがありその日は大時化で途中崖崩れにもあいながらも、この岩壁まで車何台かで見学していた。過去に知り合いが調査のためそこの洞窟に潜った何体かの人骨は認められたらしい、やはりここは自殺の名所であることがわかったそうだ・・・・

逃走劇! - DAN (男性)

2018/06/06 (Wed) 20:59:44

九州から四国に逃亡!大分まで走り佐賀関港から約1:00 間、佐田岬の三崎港まで フェリー で脱走に成功?これから、四国を少し逃走します。

逃走劇! - DAN (男性)

2018/06/06 (Wed) 21:10:02

三崎港に到着する。目的は古い沈下橋を写真に収めることだ!ここまでには追跡者は居ない?四国の佐田岬の灯台を左側に見て三崎港まで無事到着するが霞が掛かり透視度は良くないこの景色の10分後には四国に到着です。

篠栗九大の森から! - DAN (男性)

2018/05/25 (Fri) 16:45:22

木の名前は落羽松(ラクウショウ)。北アメリカ原産の落葉針葉樹で別名ヌマスギと呼ばれている。湿潤地に強く、池のほとりなど根元が冠水するような場所で自生することが多いそうだ。九州大が生態の研究のため1977年に苗を植えたという。
※ 私感ですが マングローブ みたいに生命力が強 いみたいで一見 ガジュマル も思わせるみたいです。

久山に旨い鰻屋さんがある! - DAN (男性)

2018/05/25 (Fri) 16:55:03

鰻だけでなく蕎麦も結構いけるお店があり、以前はおばあちゃんを連れて良く行ってたが、今日、久しぶり堪能してきました。近くにある(篠栗九大の森) ウイークディ だらこそ、この日を狙って森林浴と洒落こみました。水面も面白く切り撮れましたヨ。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.