Dan Blog

名前  性別:
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
アイコン
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

川鵜  - DAN (男性)

2020/07/03 (Fri) 12:34:52

福岡市今津、大雨の時は、水は濁り透視度0の状態の時は鵜達は、皆集まって避難します。ここは海と川の入り江で海の魚も住み、野生のクロツラヘラサギ:シラサギ:鴨:アオサギ:千鳥:渡り鳥の食事と休息を捕る所になっています。望遠があれば結構たのしめます。まだ、大雨が降るでしょうからここで集まってコミニティーの場になるのでしょうネ~。ソーシャルディスタンスを取った方が・・・・?
鵜飼は海鵜しか使わないそうですが海鵜の方が頭が良いのでしょうかネ。


アマサギ   - DAN (男性)

2020/07/02 (Thu) 09:06:27

筑紫野、白いサギでは最小。くちばしは夏も黄色。:50cm水田や草地に飛来するが、暖地では冬を越すものもいる。他のサギより乾燥したところにもいる。冬羽は全身白くなりチュウサギに似ているが、小さく、首が短い。声はグアー。牛や耕作機の周りに群れて、飛び出す虫をねらう習性がある。

アマサギ   - DAN (男性)

2020/07/02 (Thu) 09:09:23

嘴は短く、色彩はオレンジがかった黄色。後肢の色彩は黒褐色。 繁殖期は眼先が赤く、嘴や後肢の色彩も赤みを帯びる。夏季は頭部から頸部、胴体上面はオレンジがかった黄色(飴色)の羽毛で被われ(夏羽)、和名の由来になっている。また、冠羽と飾羽が伸びる。冬季は頭部から頸部、胴体上面が白い羽毛で被われる(冬羽)。雌雄同色。

アマサギ   - DAN (男性)

2020/07/02 (Thu) 09:13:52

サギの仲間でもシュールな感じでこの時期ここでしか観れない、サギ科の中での分類でいうと、アマサギはアマサギ族、ダイサギはアオサギ族、チュウサギとコサギはコサギ属です。チュウサギなどダイサギに近い印象ですが、コサギの仲間なんですね。耕耘機が通った後にカエルも捕食される。

アマサギ   - DAN (男性)

2020/07/02 (Thu) 09:23:04

豪州やフィリピンなどで越冬し、夏季(4-9月)飛来します。「夏鳥」夏羽は「亜麻色(=黄色がかった薄い茶色)」で、名前の由来となっています。冬羽は白色で、他の白サギと区別が付きにくくなります。日本のいくつかの県では「準絶滅危惧種」に指定されています。

今月のイベントの原田電気 - DAN (男性)

2020/07/01 (Wed) 21:54:05

佐賀大和、武雄市北方町の長崎自動車道武雄北方インター付近の国道34号から東側に道路を新設する「武雄バイパス」が、開通する。インター周辺の交通混雑緩和が見込まれる。

轟の滝公園  - DAN (男性)

2020/07/01 (Wed) 21:40:47

佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿丙、嬉野(うれしの)の温泉街から長崎方面へ1kmほど行った塩田川の上流、塩田川と岩屋川内(いわやがわち)川との合流付近にあるのがこの轟(とどろき)の滝です。高さは11mで、三段の滝を形成しています。滝壺の面積は、約2500平方メートル。水が流れ落ちる音が、雷が轟くようであるところからこの名前がつきました。周辺は公園になっており、湯上がりの散歩にぴったり。滝の下流にある滝見橋は、滝を眺める絶好のポイントです。春には桜の花が公園一帯に咲き、人々の目を楽しませてくれます。

嬉野 椎葉山荘 - DAN (男性)

2020/07/01 (Wed) 21:47:18

佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内字椎葉、嬉野の中心街から、南へ車を走らせること5分。緑深き椎葉山とのどかな棚田に挟まれ、椎葉川沿いに佇む一軒宿、それが「椎葉山荘」です。今回はサプライズでカズ君から招待されました。

嬉野 椎葉山荘  - DAN (男性)

2020/07/01 (Wed) 21:49:47

山間を渡る風に乗って耳に届く木々のざわめき、川のせせらぎ、鳥のさえずり、虫の声。音なき音が四季折々の渓谷美と相まって心を解きほぐし、何もないこと、何もしないことの贅沢さを実感させてくれます。

オオヨシキリ   - DAN (男性)

2020/06/28 (Sun) 09:53:07

福岡市今津、ヨシ原などに生息するが、渡りの途中では低地の森林に飛来することもある。 繁殖様式は卵生。婚姻様式は一夫多妻。繁殖期には縄張りを形成し、高所で囀り縄張りを主張する。オギやヨシなどの茎や枯れ葉などを組み合わせたお椀状の巣を作り、3 - 5個の卵を産む。メスのみが抱卵し、抱卵期間は13日。育雛期間は14日。オスは縄張り内で最も繁殖の進んだ巣にのみ、給餌を行う。

コヨシキリ   - DAN (男性)

2020/06/28 (Sun) 09:56:15

鳥綱スズメ目ヒタキ科ウグイス亜科ヨシキリ属に含まれる鳥の総称。この属は約25種があるが、それらは、和名からも、英名(葦原(あしはら)のムシクイの意)からもわかるように、おもに葦原などにすむ。ユーラシア、アフリカ、オーストラリアに分布し、渡りをするものが多い。日本には、夏鳥としてオオヨシキリとコヨシキリが分布する。一般に「ヨシキリ」または「ギョウギョウシ(行々子)」とよばれるのは、かならず葦原にすむオオヨシキリであるが、葦原周辺部の草原にもすむコヨシキリも混同されていることが多い。

バン  - DAN (男性)

2020/06/28 (Sun) 11:07:43

福岡市今津、バンは主に「湖沼」「川」「水田」「湿地」などに生息しますが、「公園の池」などでも長い肢を高く上げながら水際や浮いた水草の上を歩き回っている姿を観察する事ができますよ。米黒い塊にみえますがクリックして見てください。ここでは珍しい鳥です。

(蝶 ウラギンシジミ) - DAN (男性)

2020/06/27 (Sat) 10:36:59

由布院、らんぷの宿のお出迎えは猫と蝶々、裏は一面銀色。表は、オスに赤橙色、本・四・九・南に樹林地や樹林の多い公園や人家など生息し4~11月(多化性)クズ、フジ、職層ハリエンジュなど柿の実があると秋に成虫がよく集まり、常緑樹の植え込みで成虫越冬する。


ホオジロ   - DAN (男性)

2020/06/23 (Tue) 10:39:48

唐津市七山池原、樫原湿原いずれも「チッ」といった一声なので区別はかなり容易です。さえずりは木の頂とか電線とかフェンス上とか、高い場所で胸を張った姿勢で行うのが普通です。あまり野鳥に詳しくなければ一見スズメにも見えるでしょう。オスは白黒模様の顔が特徴的です。天に向かって歌うオペラ歌手みたいです。

綺麗な野良ネコ  - DAN (男性)

2020/06/23 (Tue) 11:27:18

鳥ばかり追っかけていると変なものを目にするとビックリします。最近こんな所まで捨てに来るのでしょうかあっちこっち見かけます。小動物を捕食して生きているのでしょうが、以外と毛並みも良く大人の猫になっている場合多いです。去勢しないと可哀そうな猫が増えるでしょうネ。

ムクドリ    - DAN (男性)

2020/06/23 (Tue) 12:03:08

福岡市樋井川、ヒナが巣立つと親子ともに集まって群れを形成するようになり、夜は一か所に集まってねぐらを形成する。ねぐらには 10km 以上の範囲から集まり、冬は数万羽の大群となることもある。かつては河原の広葉樹や人家の竹藪に集まっていたが、そういった環境は開発で減少したため、都市部の街路樹などにねぐらをとる例も増えている。この日は皆で行水に団体さまでおでまし3密ジャン。

宝八幡宮(平家の隠し財産が眠る宝山 - DAN (男性)

2020/06/20 (Sat) 23:36:14

大分県玖珠郡九重町、宝八幡宮は宝山(標高約816m)の中腹に建ち、奈良時代の718年に創建、全国八幡宮の総本社「宇佐神宮」の分霊を奉じています。宝山には言い伝えが残り、壇の浦の戦いに敗れた平家の落人が、お家再興のために財宝を埋めた山だとか。皆さんご存知の民話一休さん。室町時代「一休禅師」この橋渡るべからずとの「立て札」に対して端ではなく中央を渡って行きました。この橋に立て札があったとされる。

由布岳「積乱雲も面白い」 - DAN (男性)

2020/06/18 (Thu) 20:27:37

大分県由布市にある標高1,583mの活火山。山体が阿蘇くじゅう国立公園に指定されている。古来より信仰の対象として崇められ、『古事記』や『豊後国風土記』にもその名が記されている。『豊後国風土記』では、「柚冨峯」と表記されており、その頂上には石室があって常に氷が凍っており、夏を過ぎても溶けることがないと述べられている。また、「柚冨郷」の近くにあることが「柚冨峯」という山名の由来とされている。宇奈岐日女神社(式内社)の祭神であり、また、山岳仏教信仰の山としてかつては中腹に佛山寺(湯布院町)の伽藍「仏道の修行者が集る場所」あった。

からくり人形 - DAN (男性)

2020/06/18 (Thu) 11:41:15

熊本県阿蘇郡小国町大字黒渕、ルート387号線から鍋ヶ滝に向かう時に、田圃でカツオ釣りをしてる子供が居た。うそやろ~!


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.